緑のカーテンの節約効果

エアコンを抑えられると

緑のカーテンを設置しておくと、日光が直接部屋に差し込んでくるのを防ぎますので、この段階で室温の上昇を抑えることが出来ます。

また、緑のカーテンで使用されるような植物では、蒸散といって葉の表面から水分が出てきているので、気化熱として冷却効果を発揮します。他の場所より概ね3度は低い室温になっていきますので、エアコンの設定温度に変化が出てきます。ご家庭では、電気使用量や電気料金を減少させることにもなります。

環境面での配慮として考えると、CO2削減量もかなりのものになりますので、単に節電ということだけではない効果を多く発揮する非常にエコなものなのです。1日9時間のエアコン使用で、設定温度を1度下げるだけでも、20,000円近くの電気料金を節約できると言われています。

さらには環境への影響も減らせるのですから、本当に便利なものが出来ましたね。あとは実がなる場合には、どのような効果があるのかを検討してみましょう。

実は食べれる

さて、ツル科の植物を植えるのが一般的ですが、よく使われるゴーヤ、キュウリ、ヘチマでは、花が咲いた後に実がついてきます。最近ではゴーヤもスーパーなどで販売されるようになりましたが、それでも価格的に毎日買えるような感じではないと思います。

それがご自宅で栽培と収穫まで出来るとしたらいかがでしょうか。食費も浮いてきますよね。ゴーヤはビタミンCが豊富なので夏バテを予防するのに役立ちます。苦いイメージがあるかも知れませんが、調理方法さえしっかり把握しておけば、美味しく食べられますよ。

またキュウリも夏野菜の代表格として、食べる頻度も高いのではないでしょうか。いろいろな料理に使えるため、用途が広くて便利です。夏野菜には体を冷やす効果がありますので、暑さ対策としても効果的だと思います。

ヘチマは食べるイメージがないかも知れません。入浴時のたわしのようなものを思い浮かべるかも知れませんが、実は立派な食材です。ミネラルも多く夏バテを防止する効果を持っていますね。


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
緑のカーテンを買うなら楽天がおすすめ!ものすごい数の種類があります。

このページの先頭へ