片付けについて

シーズンオフには片付けよう

夏に大活躍してくれた緑のカーテンは、秋から冬に向けて、お休みの時期に入りますね。そうすると、後片付けをしていくことになります。ネットに絡んで残っているツルは、剪定はさみでカットしていきましょう。そして、植物の残ったものは、お住まいの地域のゴミのルールに従って出しておきます。

植物を剪定して片付けるときには、感謝の気持ちを持ちながら処分していくようにしてきたいですね。ネットに関しては、清潔な方が良いので洗って乾燥をさせます。洗うときには、ホコリなどを流すように流水を掛けるだけでも構いません。

プランターや剪定はさみ、軍手やエプロンについても一式まとめて収納をしておけば、来年にまた使用できますので丁寧にしまっておいて下さいね。

寒冷地だと冬には雪が降る地域もありますので、そのまま放置すると雪の重みでネットが破損しますし、その下に人がいた場合には雪に埋もれてしまいますので気をつけて下さい。きちんと片付けて来年に備えるようにした方が良いです。

次の年にも使えるものは

次の年に使用できるネットや剪定はさみ、そしてジョウロ、軍手、エプロンは、まとめて収納するようにして下さい。次回からはこれらの費用が浮きますので、植物の種類や量を増やすなどして緑のカーテンを充実させることも出来る様になります。

こういった使い回しの出来るものに関しては、丁寧に清潔感を保って使用・保管をするようにしていきましょう。これからも熱い夏が来ることは予測出来ますので、緑のカーテンに活躍してもらうことになるでしょう。タネや苗は、毎年買い換えることになりますが、資材は一度購入すると大事にすれば長年使用できますので、取り扱いには注意をしていきましょう。

片付けをしないで、そのままにする方もいるかも知れないですね。どうせ来年も使うのだからということなのでしょうが、雨風にさらしてしまうことで傷みが生じることもあります。また、外から人が見たときにだらしのないように思われますね。こういったことがありますので、翌年に使うにしても一旦外しておいた方が今後のためにも良いでしょう。


日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場
緑のカーテンを買うなら楽天がおすすめ!ものすごい数の種類があります。

このページの先頭へ